俺の言う通りにやってみよう

ITの仕事でも理想とするお手本が存在していると思い、お手本通りに仕事をすれば間違いなく上手くいくと豪語する方がいるのではないでしょうか。
人によって教え方に違いが見られるため、当然お手本となる動作や手順も異なってくると考えられるのです。

とはいえ、ベースとなる原型は一緒なので、その原型を吸収した上で独自のモデルを確立していくことが重要となります。人間とは応用力が利く生き物であるため、多少やり方が異なっていても何とか修正して自分のものにしていく術に長けていると思うのです。
人は往々にして集団生活をしていく必要があり、集団の中で高い順応性を持っている方が最終的に生き残れると考えられて、その順応性の高さがお手本を吸収していこうとする意欲と直結していくのではないでしょうか。

先輩のお手本を参考にして、高いITスキルを身に付けた方は、「このお手本が今後の仕事で活かされるだろう。ましてやベテランが直々に指導してくれたんだから、このお手本が強力な基盤になるのは明白だ」と思っているのではないでしょうか。
お手本を出発地点とした大いなる前進が約束されていると感じているのが窺えて、お手本が人生を切り開く鍵だと意識するようになると考えられます。

後に自分が先輩となって後輩にお手本を見せることがあったときに、誰が見ても納得するお手本を実践していくことを意識することでしょう。場合によっては、お手本の披露でカッコいい先輩を演出することになるかもしれません。
カッコいいフリーエンジニアを目指す方には、このサイトがおすすめです→http://freeengineer-livingencyclopedia.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です